健康まめ知識
アンケートに関する回答

昨年は、乳がん検診・子宮がん検診に関するアンケートにご協力いただき、誠にありがとうございました。
その中で、皆様に乳がん検診・子宮がん検診に関する質問を頂戴しました。 このホームページ上で質問の回答をさせて頂きます。

Q:子宮がん検診は毎年受けるべきか、二年に一度で良いか?
A:子宮頸がん検診(細胞診)は、できれば毎年の検査を推奨いたします。
  (婦人科Drより)

Q:子宮がん検診は超音波も受けた方が良いか?
A:年齢に関係なく、出来れば二年に1回ほどのチェックを推奨いたします。
  経腟超音波を追加することによって、より鮮明に子宮の状態が観察できます。
  また子宮だけでなく卵巣や卵管のトラブル、病気を知ることもできます。
  (婦人科Drより)

Q:どの検査が効果的か?どの頻度で受診すれば良いか?
A:上記答えをご参照ください。

Q:子宮がん検診は痛いと聞くので怖い。
A:内診時に子宮頸部を専用のブラシでこすり取って細胞を採取します。
  痛みや出血もほとんどありませんが、緊張が強いと器具を入れる時に違和感が強い方もいらっしゃいます。
  できるだけ力を抜いて検査を受けることをお勧め致します。

医療法人財団医親会 多摩海上ビル診療所 放射線科



健康まめ知識バックナンバー
最新の健康まめ知識へ