健康まめ知識
乳がん検診における「高濃度乳房」に関して

昨今、マスコミ等で発信している、乳がん検診における「高濃度乳房」に関する記事が話題になっております。 そこで、厚生労働省「乳がん検診における乳房の構成(高濃度乳房を含む」の適切な情報提供に資する研究班より、「高濃度乳房について」のQ&Aが出されたので紹介します。

Q1.高濃度乳房とは何ですか?
A.乳房の中の乳腺が多く、マンモグラフィで乳房が白く写るタイプの乳房の事です。

【解説】 乳房は主に乳腺と脂肪からできていて、この割合は個人によって異なります。 マンモグラフィでは、乳腺が白く脂肪が黒く写るので、乳腺が多い乳房は白く濃く写る(乳房の濃度が高い)ことから、この乳腺が多いタイプの乳房が「高濃度乳房」と呼ばれています。 高濃度乳房の判定は、マンモグラフィで行い、乳腺が多く白く写るほうから@「極めて高濃度乳房」、A「不均一高濃度乳房」、B「乳腺散在乳房」、C「脂肪性乳房」の4つに分類されます。 このうち、乳腺の豊富な@「極めて高濃度乳房」、A「不均一高濃度乳房」の2つをあわせて「高濃度乳房」と呼びます。

Q2.日本人における高濃度乳房の割合はどのくらいですか。
A.高濃度乳房の割合は年齢によって変わりますが、40歳以上の約4割と推測されます。

【解説】 平成26年度の福井県と愛知県の住民検診データによれば、40歳以上の受診者22,493名の集計では、極めて高濃度乳房2%、不均一高濃度乳房35%、乳腺散在乳房58%、脂肪性乳房5%という結果がでていますが、現時点では、日本人全体について調査したデータはありません。

Q3.乳房の構成は、年齢によって変わらないのでしょうか。
A.一般的に、加齢とともに乳腺が減少するため、乳房の構成も変化します。

【解説】 加齢と共に乳腺は減少し、乳房の濃度は低下することから、年齢が高いほど高濃度乳房の割合が低いことがわかっています。 平成26年度の福井県と愛知県の住民検診データによれば、特に閉経前の40歳代では、高濃度乳房の割合が多いことがわかっています。 また、授乳をしたことのない人や女性ホルモン補充療法を受けている人は、高濃度乳房になりやすい傾向にあります。 なお、乳房の大きさそのものと乳房の構成は関係ありません。 脂肪と乳腺の割合は、マンモグラフィの写真を目で見て判断されるもので、乳房の構成を厳密に区別することが難しい場合もあります。 そのため、乳がん検診を毎年受診していたとしても、ある年に乳腺散在乳房と評価された方が、翌年には不均一高濃度乳房と評価されることもあります。 また、ダイエットなどで脂肪が減ることにより、高濃度乳房になる場合もあります。

Q4.もし高濃度乳房であったらどうしたらよいでしょうか。高濃度乳房は、放置すると乳がんになるのでしょうか。
A.高濃度乳房であるからといって、追加で検査を受けるなどの特別な対応が必要となるわけではありません。また、高濃度乳房であるからといって、将来必ずがんになるわけではありません。

【解説】 高濃度乳房は、乳房の構成(乳房内の乳腺と脂肪の割合)を表す言葉であり、病気ではありません。 一般的には、高濃度乳房であったとしても、追加で検査を受けるなどの特別な対応をとる必要はありません。 乳房の構成と乳がん発症リスクに関しては、日本人を対象としたデータはごく限られたものしかありません。 欧米のデータ4)によると、高濃度乳房の人は、脂肪性乳房の人と比べると乳がんになる可能性がわずかに高くなると報告されています。 高濃度乳房であるかどうかにかかわらず、定期的に自身の乳房の変化を確認することや、検診を定期的に受診すること、症状があれば放置せずに病院を受診することが大切です。 自覚症状のない方でも、乳がんのリスクが高いと考えられる人は、乳腺専門医などに個別に相談することを考えても良いでしょう。

Q5.高濃度乳房では乳房超音波検査でがんが多く見つかると聞きました。住民検診でマンモグラフィに加えて乳房超音波検査をなぜやらないのでしょうか。
A.乳がん検診で、マンモグラフィに加えて乳房超音波検査を行うことによって死亡率が減少するかどうかについての科学的根拠や受診者の不利益について、明らかとなっていないためです。

【解説】 住民検診で行う乳がん検診の目的は、乳がんで亡くなる人を減らすこと(死亡率減少効果)ですが、現在、この死亡率減少効果が明らかなのは、マンモグラフィだけです。 マンモグラフィと乳房超音波検査を併用することについての死亡率減少効果については、現在研究が行われています。 なお、高濃度乳房は病気ではないため、追加の検査として乳房超音波検査を希望する場合、保険診療は受けられません。

Q6.高濃度乳房の場合、マンモグラフィでがんは全く見つからないのでしょうか。
A.高濃度乳房の場合であっても、マンモグラフィでがんを全く発見できないということではありません。

【解説】 高濃度乳房の場合は、他の乳房の構成(脂肪性乳房や乳腺散在乳房)の場合と比べると、がんがあってもマンモグラフィで発見されない割合が高くなります。 ただし、がんが全く検出できないということでありません。 マンモグラフィで、すべての乳がんが見つかるわけではありませんが、このことは、高濃度乳房だけではなく、どの乳房の構成でもあてはまります。 また、マンモグラフィのみならず、超音波検査やその他どのような診断方法を用いても、100%乳がんを発見できるわけではありません。 どの検査にも限界があることをご理解ください。

Q7.マンモグラフィ検診で異常がないと言われたのですが、しこりを感じるようになりました。どうすればよいでしょうか。
A.マンモグラフィで精密検査の必要が無いと言われた場合でも、しこりなどを感じた場合には、高濃度乳房であるか否かに関わらず、速やかに医療機関で診療を受けることが重要です。

【解説】 乳がんの中には、進行が早く急速に大きくなるものや、マンモグラフィで検出できないものがあります。 そのため、検診で精密検査の必要が無いと言われた場合でも、しこりや血性の乳頭分泌など、気になる症状がある場合には、放置せずに必ず医療機関を受診ください。

Q8住民検診において、検診受診者に乳房の構成を一律に知らせていないのは、なぜでしょうか。
A.高濃度乳房は、乳房の構成を表す言葉であり、病気ではありません。 また、乳房の構成を知らせたとしても、その後に行うべき検査方法もないことから、がん検診の受診者に乳房の構成を一律に通知することは、望ましくないと考えられるためです。

【解説】 高濃度乳房は乳房の構成を表す言葉であり、病気ではないため、原則として検査や治療の必要はありません。 住民検診(対策型検診)は、対象となる地域全体のがん死亡率を下げるために行われます)。 そのため、検診を受診した後に、受診者が精密検査を受けるべきかどうか、受けるとすればどの検査が良いかが明らかにされていなければなりませんが、現在、高濃度乳房の人に対してお薦めできる検査方法はありません。 このため、全国で一律に乳房の構成を知らせるかどうかについては、受診者の不利益を考慮した上で、今後検討していく必要があります。

Q9乳房の構成を通知することの利益(メリット)、不利益(デメリット)を教えてください。
A.利益(メリット)としては、例えば、@自身の乳房に対する意識が高まり、変化があった場合にはすぐに医療機関を受診するなどの適切な行動をとるようになることや、Aがん検診を定期的に受診する動機が高まることが挙げられます。 一方、不利益(デメリット)としては、がんではない方が過度な心配をして精神的負担が生じることや、不必要な検査を受けることなどが考えられます。 また、多くの自覚症状のない方が専門病院を受診することにより、既にがんと診断されている方などの受診に影響が出ることも考えられます。

参考.がん検診には、どのようなものがありますか。
A.がん検診は、市町村が実施する「対策型検診」(住民検診)と、人間ドックなどの「任意型検診」の2つに大別されます。

【解説】 日本において対策型検診とは、市町村が実施する住民検診のことであり、公共的な医療サービスとして提供されます。 住民全体の死亡リスクを下げる(死亡率減少)目的で行われ、費用の一部は税金などによって賄われます。 また、住民全体の利益が不利益を上回る方法が考慮されます。 対策型検診における乳がん検診は、死亡率減少効果の示されているマンモグラフィが推奨されています。 任意型検診とは、人間ドックなどで行われる検診で、個人の死亡リスクを下げることなどを目的としています。

日本乳癌検診学会・日本乳癌学会・日本乳がん検診精度管理中央機構より
"対策型乳がん検診における「高濃度乳房」問題の対応に関する提言"
が出されました。

ご興味のある方は下記アドレスを参照願います。
http://www.jabcs.jp/pages/dbwg.html

※当院では、月曜日と木曜日の午前中に乳腺外来を開いております。
乳房に関し、ご心配の方がいらっしゃいましたらご相談願います。
医療法人財団医親会 多摩海上ビル診療所



最新の健康まめ知識へ