健康まめ知識
健康まめ知識
大腸がんと大腸内視鏡検査について

がんの統計を調べると、最近の日本においては、1年間に10万人前後の大腸がんの新たな患者がみとめられています。この罹患数は胃がんについで第2位であり、大腸がんは比較的に遭遇しやすいがんであるといえます。また、大腸がんによる死亡数は、1年間に4万人を超え、肺がん、胃がんについで第3位です。(女性に限れば、大腸がんによる死亡数は第1位です。)こわい病気と言わざるを得ません。しかし、こわいのはある程度まで進行した大腸がんであり、早い段階で発見・治療できれば、治癒の可能性が格段にあがります。たとえば、内視鏡切除可能な段階のがんならばほぼ100%治癒が期待できますし、いわゆる早期がんの段階ならば5年生存率90%台、進行がんであってもリンパ節転移をみとめない段階ならば5年生存率70%台となります。がんの進行とともに5年生存率は低下しますが、肝転移、骨転移などを伴う段階では10%台となってしまいます。ゆえに救命のためには早期発見が大変重要です。
大腸がんの自覚症状としては血便、便秘、便通異常、腹部膨満感等がありますが、早期がんの段階では大半が無症状です。また、進行がんであっても発生部位によっては、かなり大きくなるまで自覚症状を伴わないことがあります。よって大腸がんを早期発見するためには無症状のうちに見つけ出す必要がでてきます。
では、そのためにはどうすればよいか。まず、第一に考えられる手段は大腸がん検診を受診することであり、さらには定期的に大腸内視鏡検査をうけることが有効だといえます。
大腸がん検診では、1次検査として免疫学的便潜血検査をおこない、陽性者にたいして大腸内視鏡検査等で精査します。対象者群の年齢などにも左右されますが、1次検査で約5%の人が陽性となり、精査した方の数%にがんが見つかります。1次検査(スクリーニング)の免疫学的便潜血検査は、大腸がんに罹患しているリスクが高い人を拾い上げ、効率よく大腸がんを発見するための優れた道具です。しかし、これだけで大腸がんを診断できる道具ではありません。大腸がん以外でも便に血液が混じることがあり、陽性であっても必ず大腸がんであるわけではありませんし、小さな早期がんでは陽性にならないこともあり、陰性であっても絶対に大腸がんはないと言い切ることもできません。この弱点を補い、大腸がん検診を上手に活用するには、毎年受診すること(逐年検診)と便潜血陽性の際は必ず精査を受けることが大変重要になります。

大腸内視鏡検査は大腸がんの診断にとって、最も重要な検査です。大腸がん検診における精査としても大腸内視鏡検査が一般的になっています。管腔からのアプローチで腫瘍に接近し、直接的な形態学的診断が可能であるうえ、生検にて病理組織学的診断を併せて行える利点を持ち、大腸がんに対しては現在のところこれにとってかわる検査はありません。さらに、大腸内視鏡検査は大腸がんを予防することにも一役かっている可能性があります。大腸がんはその発育伸展において腺腫とよばれる良性腫瘍の段階を経て発生するものが多いことが知られています。腺腫の段階であれば内視鏡検査での切除が可能なものがおおく、切除によって“大腸がんの芽を摘む”ことにつながります。また、最近発表された約250万人のカナダ人を対象とした大規模な調査研究の結果でも大腸内視鏡検査の実施率が上昇すると大腸がんによる死亡リスクが確実に低下するとのべられています。
大腸がんに“負けない”ように、50歳をすぎたら大腸がん検診は毎年受けましょう。要精密検査と判定されたら放置せずに大腸内視鏡検査を受けましょう。また、検診で陰性でも近親者に消化器のがんが多い家系の方は大腸内視鏡検査を一度は受けておかれることをお勧めします。 

多摩海上ビル診療所  内視鏡室長 木幡 義彰


最新の健康まめ知識へ