健康まめ知識
健康まめ知識
乳がん検診を受けましょう

 女性の乳がん罹患率は胃がんを抜いて1位になりました。しかし、厚生労働省『人口動態調査』で発表された2007年度のデータによると、女性のがん死亡者数は大腸・胃・肺・乳房の順となっております。つまり、どういうことかと言うと、乳がんはかかりやすいがんではありますが、早期に治療をすれば生存率が高いという事を証明しています。早期に治療する為には、当然、早期に発見する事が重要となってきます。統計によりますと、乳がんは、35歳から急に増加し、40歳から50歳までの間にピークを迎えます。35歳を過ぎた方は、必ず乳がん検診を受ける事をお勧めします。検査の種類は、ピンクリボン運動でも有名な、マンモグラフィでも良いのですが、乳腺の質によっては乳腺エコーの方が適している場合もあります。一度、診療所にいらして、乳腺科医と御相談される事をお勧めします


多摩海上ビル診療所 放射線科

最新の健康まめ知識へ