健康まめ知識
健康まめ知識
花粉症とは

 花粉症とは、花粉の中の成分に対して体がアレルギー反応を起こして発症します。スギ花粉が有名ですが、他に春にはヒノキやハンノキ、秋にはブタクサやヨモギなどの花粉によりアレルギーが起こります。

 症状は、アレルギー性鼻炎のくしゃみ・鼻水・鼻づまり、アレルギー性結膜炎の眼のかゆみ・充血が有名ですが、その他の症状としてジンマシンや喘息などもみられます。花粉症はこれらアレルギー症状の総称なのです。

 この時期にくしゃみや鼻水が出ると、風邪なのか花粉症なのかわからず悩む人もいらっしゃるのではないでしょうか?症状が続いているときは決してガマンしないで早めに医療機関にご相談ください。検査によって花粉に対してアレルギーがあるか、あるいは花粉以外のハウスダストなどが原因なのか、さらに感染性の副鼻腔炎や結膜炎の可能性がないかなどを調べることができます。ただし一部の検査はそれぞれの専門科でなければ行えないこともありますのでご注意ください。

 ご自身でできる対処としては家の中に花粉を持ち込まないような工夫や、眼や鼻腔の洗浄などがいわれていますが、それに加えてストレスや疲労にも気をつけることが重要です。疲れていたりすると風邪を引きやすいのと同様に、花粉症のアレルギー反応も体の免疫の働きなので、ストレスや疲労により悪化することがあります。規則正しい生活を心がけましょう。また花粉症のお薬としては、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、ステロイド剤があります。市販されている花粉症の薬の多くは抗ヒスタミン剤で、症状の緩和には役立ちますが眠気や口渇などの副作用が強いものもあります。抗アレルギー剤は抗ヒスタミン剤ほど副作用がなく、花粉の本格的な飛散前から予防的に内服することでより効果みられます。さらに抗アレルギー剤には何種類かあり、副作用が軽減されているものもあります。

 東京都の発表によりますと飛散開始日は早い地域で2月15日頃と予測されております。
今年は、大飛散だった昨年より飛散量は少ないと予測されますが、油断は禁物です。
花粉症の方は適切な服薬や、マスクの着用などの予防対策をしっかり行いましょう。

  医療機関への受診は、飛散開始の2〜3週間前が目安です。

多摩海上ビル診療所 高橋 正明

最新の健康まめ知識へ