健康まめ知識
健康まめ知識
冬場の漢方治療(感冒を中心にして)

 だんだん寒くなってきました。空気の乾燥に伴い、インフルエンザを中心に冬場は風邪が流行ります。インフルエンザの場合、抗ウィルス薬が発売されていますが、昨年は品切れになり大騒ぎとなりました。漢方薬は慢性疾患にしか効かないと思われがちですが、実は急性の感冒にも大変有効なのです。漢方の古典に『傷寒論』という本がありますが、ここには急性熱性疾患の様々な治療法が書いてあります。漢方薬を上手く使えると、インフルエンザでも3〜4日できれいに治ってしまうことがあります。また普通の風邪も、少し喉が痛いかな位の時に葛根湯などを内服すると、熱がでる前に治ることもしばしばあります。
 皆さんは、熱がでてから病院にいらっしゃることが殆どかと思います。葛根湯は落語にも出てくる位有名な風邪薬ですが、誰でも葛根湯で良いと言うわけにはいきません。葛根湯は、風邪のひき始めで頭痛や首筋が張ったような感じがするが汗はまだかいていない等の状態の時が一番効果を発揮します。逆に、熱は高くても寒気が強くて青白い顔をしている方には別の薬を使います。また肝臓の薬として有名な小柴胡湯も、気管支に炎症が生じた場合には使用します。さらに熱は下がったがすっきりしない時、咳が残る時、咳のため胸が痛くなった時、耳が塞がったように感じる時などにもそれぞれ有効な薬があります。喉の痛みにはうがい薬も実はあります。また、一部メーカーはトローチにした薬を販売しています。
 漢方の治療では誰でも、何時でも、同じ薬で治療をする訳ではありません。その人の症状、体力、風邪をひいてから何日たっているのかなどの条件を考慮して処方が決まります。ですから、処方がぴったりと合えば劇的に効果を現す訳です。風邪のひき始めからすっきりと良くならない時まで、自分にあったオーダーメイドの漢方を有効に使って治療してみましょう。

多摩海上ビル診療所 漢方外来 室賀 一宏

最新の健康まめ知識へ