健康まめ知識
健康まめ知識
インフルエンザの予防接種を受けましょう

 毎冬、インフルエンザの流行により、数千名の死者と数万人規模の入院患者が発生し、とくに高齢者や抵抗力のない方が犠牲になっています。インフルエンザウィルスは、ふつうの『風邪』と違い、感染力が強く短期間で爆発的な流行を引き起こします。乳幼児や高齢者、肺や心臓に病気のある人には、時には致命的な合併症を起こすこともある『怖い感染症』です。
 また春に大きな話題となった重症急性呼吸器症候群(SARS)は、幸い日本国内での発症は確認されておりませんが、今後日本への上陸がないとは言い切れません。インフルエンザウィルスとSARSウィルスは全く別のウィルスですが、発熱や呼吸困難など症状はよく似ています。今冬、万が一SARSが日本で流行する事態となった時、インフルエンザの流行と重なると大混乱をまねく可能性があります。SARSには今のところ有効なワクチンや特効薬がありません。よってインフルエンザをワクチンで予防することで、混乱の防止に役立つ可能性があります。
 ワクチンは接種後2週間くらいから有効となり、約5ヶ月間持続します。
 インフルエンザの流行は3月くらいまでですので、そろそろお受けいただくのがよろしいと思います。

多摩海上ビル診療所 高橋正明

最新の健康まめ知識へ